NURO光の悪い評判

NURO光は下り最速2ギガ(2018年現在は6GB、10GBもあり)と他の光回線より安い料金が受けて、爆発的に加入者を増やしています。実際、RBBや価格コム等の顧客満足度調査でもNo.1を連続で取っています。

ただ、私自身も契約する際にいい口コミだけでなく、悪い口コミや評判、注意点を確認しておきたかったので、知恵袋などをチェックして気になった事を、NURO光のサポートセンターに電話で問い合わせてみました。

現在はNURO光を契約していいますので、一利用者の視点からNURO光のネガティブな評判・注意点等を中心に思うところを書いてみました。

NURO光 4つのネガティブな評判と使ってみての個人的な評価

工事に関して

NURO光(So-net)の方と食事をする機会があったので聞いてみたところ、最も問い合わせが多いのが工事内容と期間についてのようです。その中で、クレームに発展しやすいのが工事期間、特にマンション(集合住宅)との事でした。

2、途中解約する際の工事費の残債(残り)に注意

NURO光の月額料金を4,742円で利用するには2年縛り(24ヶ月)のプランに加入する必要があります。

併せて導入時の工事費が40,000円かかるのですが、これを毎月の月額に上乗せして、その分をキャンペーンで割り引くため実質工事料金は無料とうたっています。早い話が月額4,743円に導入時の工事費も含まれています。

具体的には、月額料金の4,734円に、工事費40,000円を30ヵ月に分割して支払う料金(毎月1,333円)が足されるのですが、キャンペーンで工事費分1,334円を減額し、30ヶ月利用すれば工事費の負担はなくなるシステムです。

ですので、30ヶ月利用せずに解約した場合、工事費を払いきっていない扱いとなり、残存月数(30ヶ月-利用月数)×1,334円が請求されます。

また、2年契約ですので24ヶ月以内の解約には、解約金9,500円が同時にかかります。例えば24ヶ月利用して解約した場合、解約手数料は0円ですが、工事料金の残額が(30ヶ月-24ヶ月)×1,334円の8,004円かかります。

ただ、このシステムはフレッツ光、auギガ得も全く同じ仕組みですので、光回線を利用する以上割り切るところだと思います。また、NURO光は新規加入すると3万円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンを行っている分、他の光回線より料金的な条件はいいかと思います。

2、速度に関して(実測2Gbpsは出ない)

NURO光は下り(ダウンロード)最大2Gbps(2048Mbps)と公表されていますが、実際には2Gbpsが出ないという声が多いです。

ネット上の口コミでも800Mbps出たという方もいれば、100Mbps前後と言う方もいました。私も時間帯にも寄りますが有線(ローカル接続)で400~900Mbps前後出ています。

NURO光の実際のスピードに関しては、自宅やその他のデータを集めてこちらのページに細かくまとめました

有線接続かWi-Fi接続か、取り付けるONUで差が出る

下り最大2Gbpsという数字は有線LANでの測定値(ベストエフォート値)で、Wi-Fi接続の場合は、工事の際に取り付けるONU(無線LAN機能付き)の型番(端末)で最大速度が変わります。

2017年現在は、最大450Mbpsと最大1300Mbps対応の2種類があり、工事業者がそのとき持っている無線LANを設置します。気になる方は工事の際に確認したり、450Mbps対応のONUを設置されてどうしても嫌な方はソネットに問い合わせるとONUを交換してくれます。

ONUの型番は、 最大450Mbpsまで対応:F660T
1300Mbps(IEEE802.11ac)対応:F660A、HG8045Q

ONUの種類の詳細や無線規格についてはこちらにまとめています。

私がスピードにさほどこだわらなかった理由

インターネットのスピードは、ネットサーフィンやYoutubeくらいの動画ですと、実測値100Mbpsでも、900Mbpsでも体感速度はほとんど変わらないため、個人的にはスピードは特に重要視していませんでした。

ネットサーフィンや動画を観た時の100Mbpsと1Gbpsのダウンロード時間の比較


容量

ダウンロード100Mbps

ダウンロード1Gbps
(1024Mbps)

Yahooのトップページ

220Kb

0.1秒以下

0.1秒以下

Youtube 5分

40Mb前後

3.2秒

0.3秒

Youtube HD画質5分

150Mb前後

12秒

1.2秒


※1、Youtubeは動画によって容量は変わりますので大体の平均容量で計算しています。
※2、YahooのトップページはWEBページの中ではかなり容量が重い部類です。

上の表は理論値ですが、WEBページを開いたり、動画を読み込む時間は自分のネット回線のスピードだけで決まるわけではありません。

仮に自分の回線が2GB出たところで、開いたサイト(ページや動画)のサーバー(WEBサイトを保管している場所)の処理速度が2GBのスピードについていかないので、結局は100Mbpsだろうと2GBだろうとページを開くスピードは変わりません。変わってもコンマ1秒レベルの差です。

どこから申し込むかは要検討

NURO光の申し込み先はSo-net以外にも複数あり、どこから申し込んでも速度は変わりません。ただ、申し込み先によって、キャッシュバック金額や受取の条件が変わりますし、So-net(NURO光)の公式サイトでも複数のキャンペーンがあるため、

自分に取ってどの申し込み先やキャンペーンがベストか検討してから申し込むと失敗が少ないと思います。

3、代理店絡みのトラブル

NURO光もフレッツやau光ほどではないですが、プロバイダ以外に代理店も営業をしています。

この代理店で契約した時にトラブルが起こる事が多く、実際に知恵袋や、掲示板などを見ると悪い評判の大半が代理店との契約、特にキャンペーンや有料オプション絡みのもので、ほとんどの方が代理店と正規プロバイダ(So-net)の違いをよくわからず契約している感じでした。

トラブルの具体例として多かったのが
  • キャッシュバック金額を全額もらうためにはLTEやその他、毎月料金がかかるのオプション契約が必要
  • 請求書を見て初めて有料オプションに加入している事に気が付いた。
  • キャッシュバックを受け取るための手続きが複雑(事前説明なし)でもらい損ねた
  • キャッシュバックをもらえる時期を明記せず濁された
  • NURO光を解約したあと、オプション契約が解約されておらず月額を取られ続けていた

プロバイダと直契約ではなく、代理店を挟んで回線契約をする際にトラブルが起こりやすい事は、以前au光を契約した時に経験していましたので、代理店に関しては電話をかけて入念に条件を確認しました。

私が調べた限りでは、NURO光に関してはプロバイダのSo-netから申し込んだ方が代理店申し込みより条件がよかったです。

探せばいい代理店が見つかる可能性はありますが、トラブルを避けるために確認すべき事が多いため、特に初めて契約する方や、面倒は嫌なので安全に契約したい方は代理店を挟まず、So-netの公式サイトから契約した方が安心だと個人的には思います。

4、使えるエリアが狭い

NURO光は、フレッツ光の回線(電線)を利用しているのですが、フレッツ光が来ていればどこでも使える訳ではなく利用できるエリアは限定されています。エリアが狭いというのは、NUROの回線(電柱の電線)が届いている地域が狭いという意味です。

2017年4月以降は、関西や東海エリアでもサービスが開始しましたが、自宅が利用可能かどうかは公式サイトで確認が必要です。

NURO光は、NTTの光回線(インフラ)を借り、So-netがプロバイダとなって提供している光回線のサービスですので、スピードが早いフレッツ光と言うイメージでいいと思います。利用できるエリアは関東に限定されますが、一戸建て、マンションの両方で利用できます。

このページではNURO光のいい評判や、私自身が利用していて感じるいいポイントなど、NURO光のプラスな評価、口コミに絞ってまとめています。逆に1、スピードに関する評判
2、月額料金と利用後のセキュリティ
3、申し込む時のキャンペーン

NURO光 3つのいい評判

1、NURO光は速度が速い(回線品質がいい)

下り最大2Gbps(2048Mbps)、上り最大1Gbpsの通信速度が売りですが、パソコンのスペックやLANケーブルの種類にもよりますが、有線接続すれば1Gbps(1024Mbps)並みの速度でインターネットをすることが理論上可能です。

実際に価格コムやTwitter等でNURO光のクチコミを見ると「ネットの速度が速くなった」という投稿をしている方が多いです。私自身もネットのスピードを測ると300Mbps~環境によっては900Mbps近く出る事もあります

NURO光のスピードを証明する客観的なデータ

NURO光はRBB SPEED AWARDで2015年の固定回線部門(有線、Wi-Fi両方)で1位を取っています。これで2015、2016年と2年連続で1位です。

2016年の結果(集計、発表は2017年)

RBB SPEED AWARDの結果詳細

2015年の結果(集計、発表は2016年)

img/accept.png” alt=”” /> RBB SPEED AWARDとは?

 

インターネットの実測チェックツールであるRBB SPEED TESTを利用した人が実際に出した数値1年分を集計し、実際のスピードが速かったサービスを表彰しています。

上記の通り実際にユーザーが測定した数値の平均を取っているため、業者の恣意性の入る余地がない客観的なデータです。特に固定回線部門では唯一の450Mbps超えと頭1つ抜けています。



NURO光のスピードに関する評判、個人的所感

他社のインターネットサービスから、NURO光に乗り換えたユーザーからは「速度が向上した」というクチコミが多く見られますが、私も同感です。特にADSLや、イーモバイルのポケットWi-Fiなどから乗り換えるとスピード差を感じられます。私はWiMAXと併用していますがやはりNURO光の方が目に見えて早いです。

NURO光は付属のONUで無線(Wi-Fi)接続したとしても最大1300Mbpsの速度が出るのでスマホやタブレットでアプリをダウンロードしたり、動画を再生するときもスムーズです。私の友人はオンラインゲームをする際のラグがなくなったり、ゲームのダウンロード(アップデート)のスピードが3倍くらい早くなったと言っていました。

インターネットの回線で大切なのは、瞬間的なスピードより安定して高速で通信できるかどうかだと私は思います。 

その点でも、NURO光はNTTの光回線を使っているため、回線の質は高く、私自身も利用していて途中で断線したり、急激なスピード低下が続くような状態になった事はありません。

もしスピードが出なかった場合の対策もある

ONU(自宅のモデム)まで何Mbpsのスピードで届いているかをNURO光側で把握できていますので、NURO光に問い合わせをして、ONUまで正常な速度で来ているかを確認できます。私も1度問い合わせたことがありますが、ONUまで正常に届いてない場合は、すぐに対処してくれます。

ONUまで正常な速度で来ていてスピードが出ない場合は、ONU以降の自宅の設備やパソコンの問題ですので対処してください

2、月額料金が安くセキュリティ等の無料付帯サービスに強み

月額や導入工事費などコスト面が他の光回線と比べて安い事もNURO光に乗り換える方が増えいている理由でしょう。月額料金は戸建てプラン(7階以下のマンションもOK)で4,743円です。

マンション向けの料金プラン・工事方法についてはこちら。

<関東の主要な光回線の月額料金>

NURO光

フレッツ光

auひかり

ドコモ光

月額料金

4,743円

5,400円

5,200円

5,200円


月額4,743円の中に、プロバイダ料金、導入時の工事料金、セキュリティソフト等の無料サポートが含まれています。また、NURO光のひかり電話はソフトバンクテレコムの電話回線を使っているため、ソフトバンクのスマホを利用していると通話料、基本料金の両方を落とせる可能性が高いです。

料金・サービスに関する客観的なデータ 評判

料金やサービスの評判ですと、JDパワーと言う調査機関が毎年行うインターネット回線の満足度調査の最新の結果で、NURO光は関東部門で1位、全国の光回線の中で最高得点を出しています。

JDパワーの調査は約1万人の利用者を対象に「通信品質」「提供サービス」「各種費用」「サポート」の4項目を調査した結果を点数制にして公表しています。参照:J.D. パワー 2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査

フレッツ光やauひかりの月額料金はプロバイダを込んで5~6,000円前後となりますので、関東圏の光回線の中では最もスピードが速く料金が安い事は事実です。

ただし、月額4,743円というのは、#sec5″>販売代理店とプロバイダの違い

電話サービス有 基本的に今まで通り使える

NURO光にもひかり電話があり、今使ってる番号をそのままNURO光でも利用(MNP ナンバーポータビリティ)する事ができます。もちろんNURO光を解約した際に、今使っている番号を次の電話回線に移動する事もできます。

3、キャンペーン特典がいい

NURO光を新規で契約した場合は、キャンペーンとして35,000円のキャッシュバックを受け取る事ができます。

フレッツ光や、au光なども加入時に最大60,000円のキャッシュバックなどを打っている代理店もありますが、キャッシュバックを最大金額もらうためには、指定商品の購入や、有料のオプションプランへ複数加入するなどの条件がつき、オプション料金をつけると結局は大したキャッシュバック金額にならない事が多いです。

NURO光の場合は、正規プロバイダであるSo-net(NURO光特設サイト)から申し込むと、2年間の利用期間の縛りがつきますが、オプション契約等は不要で35,000円のキャッシュバックがもらえます。ただし、注意点として、NURO光も申し込み先(So-netかその代理店か)によってキャッシュバック金額や受取の条件が変わります。

ベストエフォート値とは?

下り最大〇〇Mbpsと言っても、そのスピードが出る事はNURO光に限らずどのインターネットサービスでもありえません。

これはインターネットのスピードの表記が、最高の環境下(イラストのように他の利用者もおらず、障害物や電波の干渉が一切ない)で理論上出る最大速度だからです。この数値をベストエフォート値と言うのですが、どのネットサービスも表記はベストエフォート値で統一しています。

実際には、ベストエフォート値が出る環境で利用する事はできないため、スピードはベストエフォート値の半分も出ればかなり優秀です。

2Gbpsの速度が出ないとはいっても、実測で100Mbpsを軽く超えるNURO光のスピードは、普通にパソコンやスマホ、タブレットでインターネットを使う分には超高速な部類になります。いずれにしても、「2Gbpsで必ず通信できる」という訳ではない事は知っておくといいと思います。

ネガティブな評判

開通までに時間がかかってしまう

ネット上のNURO光の口コミで悪い評判として一番多かったのが、開通までにかかる時間が長いというものです。これは公式サイトでも説明されていることなのですが、NURO光は申し込んでから開通するまでに工事を2回する必要があります。

申し込んでから数日程度で1回目の工事日が決定し、まずは屋内工事を行います。次に10日から30日後に屋外工事があるのですが、NURO光に申し込んでから開通まで3か月かかったという方も珍しくありません。というのも、NURO光は現在かなり人気がある光回線サービスですので、工事の予約が取れないとのことです。

工事にはユーザーの立ち合いが必要なので、人気のある土日ですと予約が2か月先まで一杯ということもあるようです。土日の工事には3,000円の追加料金がかかってしまうのですが、にもかかわらず工事の予約が取れないというのはそれだけNURO光のサービスが魅力的ということことかも知れませ。とはいえ、開通まで2~3ヵ月かかるというのは流石に長いのではないかというユーザーの声もありました。

では、逆に閑散期ではどれぐらいで開通するのでしょうか。短い方ですと、申し込んでから23日で開通したという口コミがありました。

公式サイトの説明では最短で2週間程度での開通も可能なようですが、たまたま工事の予約が空いていることや、平日の工事が条件になるのではないかと考えられるのでNURO光への入会を考えていらっしゃる方は時間に余裕を持って申し込みされることをおすすめします。他の光回線サービスからNURO光へ転入する場合、下手をすると3ヵ月間自宅の固定回線を利用できないとなると生活や仕事に支障をきたしてしまう可能性も考えられます。

また、工事担当者が自宅に来たのは良いものの、工事が困難との判断で設計を検討するために工事日が先になったというケースも書き込まれていましたので、その場合は工事日が3日に渡ることもあるとのことです。

途中解約には違約金が発生する

 NURO光が「最初の1年間は月額料金2,980円」や「工事費相当の1,334円を毎月の料金から割り引き」といった入会キャンペーンを行っていることには既に触れました。

しかし、これらのキャンペーンは2年間の継続利用が前提になっているため途中でサービスが合わないことや転勤で転居することになると違約金が発生してしまいます。この違約金の金額は9,500円(税抜き)なのですが、これは光コラボ各社の違約金と比較するとやや高額です。

また、2回の工事費用も合計で40,000円(税抜き)というのはかなり高額で、この費用を分割で支払い終わらないうちにサービスを解約すると残債を一括で支払う必要があります。

光コラボと同様、工事費用もサービスを提供する会社によって異なるのですが、NURO光の工事費はその中でも高額な方といえます。ネット上の口コミでもこの部分に触れている方も多く、一度契約すると2年間の契約期間や工事費の残債を支払い終わらないうちに解約するとかなり損をしてしまうとのことです。

更に、NURO光では工事費用を分割で支払い終えるのに30ヵ月かかるのですが、継続利用の更新が2年契約になるため実質的には4年間の継続利用をしないと解約時に違約金を支払う必要があるという点にも注意が必要かもしれません。

NURO光は全体的にサービスの満足度も高く、契約してから途中で解約するという人はそれほど多くはないと考えられますが、転勤や引っ越し等で住んでいる場所を離れる可能性がある方は注意する必要があるでしょう。NURO光G2プランであれば2年間の契約期間も存在しないのですが、毎月の支払い料金も7,124円(税抜き)になってしまうのでやはりデメリットがあるといえます。
 

サポートの体制が十分ではない

また、NURO光のサポートの悪さを指摘している声もありました。申し込んでから開通までに時間がかかることは既に紹介しましたが、工事に関してサポートに連絡したところ工事担当者まで伝わっていなかったこともあるなど、そういう面で時間がかかっている可能性が口コミで指摘されていました。

他にも、サポート担当者がマニュアル通りの回答しかしない、ろくに調べもしないで返事をする、そもそも電話が繋がらないといった半ば苦情のような書き込みが目立っています。

これは、人気のある光回線サービスではよく見られることなのですが、人気があるがゆえに問い合わせも多く、サポートの人員が足りていないためと思われます。サービスの内容をサポートが充分に理解していないために問題解決に必要以上の時間がかかることがあるなど、NURO光を利用する方はある程度インターネット回線に関する知識を自分で持っておく必要があるかもしれません。

ただし、ネット上の口コミの過半数の方はサポートについて問題ないと感じているか、そもそもサポートのお世話になることがない、という書き込みをしているため基本的にはサービスを利用する上でサポートの手を借りることもないでしょう。光回線サービスのサポートを利用するのは申し込みから開通直後までか、解約の手続きをするときになるのが一般的ですので、一度開通さえしてしまえばサポートが不十分であることはそれほど苦にはならないと考えられます。

その他の注意点とは?

その他の注意点として、TVサービスを提供していないことを挙げている方もいらっしゃいました。TVサービスというのは、「ひかりTV」や「auひかり テレビサービス」のようにネット回線を使って地上波やBS、CSといったテレビ放送が見られるサービスのことなのですが、NURO光ではテレビ放送を見ることができません。

そのため、今現在ネット回線を使ってテレビを見ている方で、自宅にTVアンテナがない方はテレビを見れなくなる可能性があります。

また、少数ながら回線速度が遅いため開通直後に解約して高額な違約金、工事の残債を支払ったという書き込みも見られました。これは開通時に受け取ったONUと自宅のパソコンやスマートフォンといったネット機器の相性や光ケーブルの規格にも左右されるので一概にNURO光の問題点とは限りません。

しかし、NURO光は提供エリアが東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県(一部地域を除く)と限られていることもあり、お住まいの地域によっては本当に通信速度が充分に出ない可能性も考慮する必要があるかもしれません。

NURO光では公式サイトで通信速度の測定値を地域や時間帯の情報とセットで公開しているので、気になる方は事前に調べておくことをおすすめします。

NURO光のポジティブな評判・口コミ

調査会社から表彰されていることからもNURO光のサービスの良さは分かるのですが、実際のユーザーからの口コミはどうなのでしょうか?ここでは、ネット上のユーザーの口コミをまとめた上で、NURO光のサービスのどういった点が優れているのかを紹介していきます。

業界最速の通信速度

NURO光の口コミで最もよく見かけるのが通信速度に関するものです。GPONという独自の通信規格で業界最速の通信速度を提供しているNURO光の実力とはどのようなものなのでしょうか。

回線サービスと契約する場合、回線速度の理論値と実測値にどれぐらい差があるのかというのは重要なポイントです。皆さんは「ベスト・エフォート方式」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、ネット回線の理論値と実際に出る通信速度にはどうしても差が出てしまうということなのですが、NURO光でも最速で下り2Gbpsという数値がそのままではありません。

光コラボに比べて速い

評判の悪い「光コラボ」では時間帯によっては実測値が1Mbpsしか出ないこともある一方で、「NURO光」では800Mbpsや900Mbpsという速度が出ている方もいらっしゃるようです。NURO光の最速で下り2Gbpsというのは実際には有線LANが1Gbpsと無線LANが1Gbpsのトータル2Gbpsですから、ユーザーの計測で800Mbpsから900Mbpsという速度が出るというのは理論値にかなり近い数字です。

また、通信速度は時間帯やそのエリアの回線の混み具合にも左右されてしまうのですが、NURO光は安定して高い数値を記録しています。分布としては200Mbpsから300Mbpsという速度が多いようなのですが、地域によっては20Mbpsから30Mbpsまで落ちることもあるようです。

20Mbpsから30Mbpsという数値が速いかどうかについては個人差があるのですが、高画質の動画の閲覧やある程度の容量のファイルをやり取りする分にはほとんど問題のない速度ですので、NURO光のユーザーは基本的には回線速度に関する不満を持っていないと考えられます。

契約時にNURO光から受け取るONUの機種によっては充分な速度が出ないことがあるという口コミも見られたのですが、現在では最新のものへと交換が進んでいる上に、万が一古い機種が回ってきた場合にはカスタマーサポートセンターに連絡することで無料で交換してもらえるとのことなので問題にはならないでしょう。

料金面でのメリット

次に、費用面での口コミをまとめたいと思います。NURO光がお得に使えるということは公式サイトでも宣伝されているのですが、実際の月々の支払額というのはどれぐらいなのでしょうか。

価格.comで公表されているアンケートによると、「月々の支払い料金」の満足度がネット回線全体では52~53ポイントなのに対して、NURO光では70ポイントを超える数値を記録しています。具体的な支払料金は月々6,000円未満というのが全体の40%以上で最も多く、次に多いのが5,000円未満の21%なので実際は4,000円台から5,000円台でNURO光を利用していらっしゃる方が多いようです。

公式サイトでは「月額4,743円(税抜き)」という料金を謳っているので、60%以上の方はこの料金前後で使っていらっしゃるか、月額500円(税抜き)の「NURO光でんわ」オプションを付けて固定電話サービスも使用していらっしゃるようです。NTT一般加入番号を持っていらっしゃる方でしたらそのまま「NURO光でんわ」として電話番号、電話機を転用することができます。

また、NURO光の費用面の口コミを回線速度と絡めて書き込みをしていらっしゃる方も多いです。費用面では「回線業者」と「プロバイダー」を別々に契約する場合よりも安く、費用面では同等の「光コラボ」が回線速度の面で不安があることを考えればNURO光は回線速度に対する費用のコストパフォーマンスに優れた光回線サービスという見方があるようです。

一戸建てとマンションは料金体系が異なる

なお、「NURO光」と「NURO光 for マンション」では料金体系が異なっているので、口コミをご自分で確かめたいという方はそのユーザーがどちらを利用しているか確認してください。

「NURO光 for マンション」は1,900円(税抜き)から使うことができるのですが、同一の集合住宅で4回線以上の申し込みがなければ導入できず、また、最大で下り2Gbpsの回線も共有して使うことになるので、どうしても回線速度が落ちてしまいます。

NURO光の申し込みは戸建て・7階以下の集合住宅に限られてしまうのですが、4,000円台から5,000円台という低料金にもかかわらず業界最速の通信速度でインターネットが使えるというのが好評の理由といえます。

キャンペーンの充実度が高い

 また、NURO光は入会時のキャンペーンが充実している点でも評判が良いです。例えば、2017年の11月現在で実施しているキャンペーンで受け取れる特典は次の3つです。

「1.最初の1年間は月額料金2,980円」
「2.工事費相当の1,334円を毎月の料金から割り引き」
「3.So-net設定サポート1回無料」

期間限定のキャンペーンですのでいつでも適用されるとは限らないのですが、2017年6月の口コミでも同じキャンペーンを利用したという情報がありましたので、少なくとも定期的に入会キャンペーンを実施しているものと思われます。

価格.comのアンケートで「月々の支払い料金」が3,000円未満という方が全体の20%以上いらっしゃったのですが、こういった方は入会時のキャンペーンを利用して費用を安く抑えているのだと考えられます。

他にも、専用のページから申し込むことで30,000円のキャッシュバックが受けられるという口コミもありましたので、少しでもお得に使いたい方でしたらこういったキャンペーンは見逃さずに利用されることをおすすめします。

30,000円のキャッシュバックを利用すれば32ヵ月目までの実質的な月額料金が約3,700円(税抜き)になるとのことですので、かなりお得ですね。NURO光は公式サイトで紹介されている「月額4,743円(税抜き)というのも光回線サービスとしては安い部類に入るのですが、充実のキャンペーンによって更にお得に使えるというのはかなりサービスが良いのではないでしょうか。

NURO光は公式サイト以外にも価格.comを経由する申し込みページなどが数多くあるという情報も口コミで見られましたので、これから申し込もうと考えていらっしゃる方は一番お得なキャンペーンを探してみて下さいね。

それ以外のNURO光のメリットとは?

まず、NURO光はセキュリティ面でも優れているようです。インターネットを利用する上でウイルスやハッキングといったセキュリティに対する備えをしておく必要がありますが、自分でアンチウイルスソフトを購入するとなると費用が発生してしまいますよね。

ですが、NURO光なら「カスペルスキー セキュリティ」をずっと無料で使うことができるので、セキュリティ面でも安心です。
「NURO光 for マンション」ではこのサービスが有料になっているのですが、月額500円ですのでNURO光を利用する場合は実質的にこの分だけ得をすることができます。

セキュリティソフトが標準で搭載されていることについてもネット上の口コミではやはり好評なようです。「カスペルスキー セキュリティ」はパソコン初心者の方には少々扱いが難しいソフトでもあるそうなのですが、放っておいてもセキュリティ対策になるそうなので便利に使えそうです。

他にも、SoftBankのスマートフォンを利用していらっしゃる方でしたらNURO光は「SoftBankのおうち割」の対象になっていますので、キャンペーンを利用して月々の通信費を節約することができるようです。

NURO光の評判まとめ

今回は業界最速の通信速度を謳う光回線サービスのNURO光について、その評判をネット上の口コミをもとに紹介してきました。NURO光は調査会社から関東エリアで第一位というお墨付きを得ていることもあって実際の口コミでも好評なのが目立つ一方で、悪い評判も一定数はありました。

ですが、悪い評判の中にも今、国内で最も優れた光回線サービスは何かといえばNURO光だという書き込みがあることから、NURO光のサービス提供エリア内に住んでいる方でしたら一度は入会を検討してみても損はないサービスであることは間違いなさそうです。

実際、NURO光は2016年最速のキャリアやプロバイダを表彰する「RBB SPEED AWARD2016」の「固定回線の部 関東地域」で最優秀賞に選れています。

また、顧客満足度に関する調査、コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J. D. パワー アジア・パシフィックが2017年に行った調査でもNURO光は関東エリアで総合満足度第一位となり、個別部門でも「通信品質」、「各種費用」、「提供サービス」の3部門で第一位の評価を得るなど、今最も注目を集めている光回線サービスと言っても過言ではないでしょう。

入会時にはぜひキャンペーンを利用して、ただでさえ評判の良いNURO光をさらにお得に使ってみてはいかがでしょうか?「通信速度」や「月々の支払い料金」、「キャンペーン」に「サポート」など、光回線サービスを選ぶうえで考慮するべき要素は数多く存在しますが、それらを総合的に判断したときに

NURO光ってどんなサービス?

大手インターネットプロバイダーのSo-netが関東圏でサービスを提供している「NURO光」は最大で下り2Gbpsという通信速度(有線LAN1Gbps+無線LAN1Gbpsのトータルで最大2Gbps)が特徴の光回線サービスです。

「通信品質」については先に紹介しましたが、「各種費用」や「提供サービス」の面でも優れているNURO光はネット上の口コミでも評判が良く、実際のユーザー目線でも満足度の高い光回線サービスと言えそうです。

次は、実際の口コミをまとめた上で、NURO光のどういったサービスが高い評価を得ているのかを紹介していきます。なお、「NURO光」に関連するサービスとして、8階建て以上の集合住宅が対象の「NURO光 for マンション」があるのですが、費用やサービス面が一部異なるため今回の記事では基本的には「NURO光」について取り扱いました。