最高速度2GBを誇るNURO光。 光回線の中でも人気のサービスですが、2018年4月より6GB、10GB の新プランの提供も開始され、さらに注目が集まっています。

他社の光サービスが1GBなのを考えると10GBは驚きの速さ。サービスの切り替えを検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし10GBに切り替えるにはいくつか注意点も。この記事では、6GB,10GB のプランの概要と、2GBから乗り換えるデメリットを解説します。

10GB、6GBの新プランの概要

NURO光10GB・6GBは、2015年に提供開始された世界最速のインターネットサービス。2018年4月より料金などが改変された新プランが開始されました。料金、速度は以下の通りです。

月額料金

プラン名→6GB /10GB
月額料金→5,243円/5,743円
最高速度→上り・下り概ね6Gbps/上り・下り概ね10Gbps

2GBプランとの差額は6GBで500円、10GBで1000円です。サービス開始直後は9,800円だったことを考えると、かなり安価になりました。

※マンションでも利用可能
以前は戸建てしか利用できなかった6GB、10GBですが、新プランでは マンション(5階以下)も利用可能です。

乗り換えのデメリット

つづいて、2GBのプランから乗り換えを検討した場合の、デメリットをあげていきたいと思います。

1、提供エリアの狭さ

NURO光は提供エリアの狭さが弱点ですが、10GBプランのエリアは提供エリアがさらに狭くなっています。

10GB・6GBのサービス対象エリアは「東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリア」のみです。これだけエリアが狭いと、対象になるひともかなり限られてしまうのではないでしょうか。

2018年1月から 関東エリアへの提供が開始されるなど、エリア拡大も進められているため、この点は今後に期待したいところです。

2、10GB対応機器を用意するのに、コストがかかる

手持ちのパソコンで10GB の 速度を出すためには、10GB に対応した「LANポート」「LANカード」「 LAN ケーブル」が必須です。しかし、購入金額が高く、導入にはかなりのコストがかかります。

10GB対応するための必要機器

1、LANポート
新プランで提供されるONUには、4つのLAN ポートが搭載されていますが、10GB に対応している LAN ポートは一か所のみ。
残りの3か所は最大1GBでの通信にしか対応していません。

「NURO光から提供される有線LANポート」

10GBASE-T×1(データ転送速度が最大10GBps)
1000BASE-T×3(データ転送速度が最大1Gbps)

10GB化したいパソコンが1台ではない場合、複数のパソコンをONUとつなげるための HUB(ハブ)が必要です。10GB対応のHUBは海外製でいくつかありますが、値段が40000円程度とかなりの高額になります。

2、LANケーブル
LAN ケーブルにはカテゴリーと呼ばれる種類があり、適合する規格や対応する速度がカテゴリーにより異なります。

10GB に対応できるのは、カテゴリー6(カテゴリー6eやカテゴリー6aも可)、カテゴリー7です 。カテゴリー6以下のLANケーブルを使用してしまうと10GBは出せませんので要注意。

手持ちのLANケーブルが対応していなかった場合は、新たに購入する必要があります。価格はAmazonで2000円程度です。 

3、LANカード(LANボード)
パソコンに搭載されている LANカードも、10GB対応のものが必須です。10GBに対応できるのは10GBASE-Tという規格のもの。

手持ちのパソコンが対応していない場合は、対応パーツと交換するか機器そのものを買い替えなければいけません。

1GBに対応したものが1000円程度で購入できるのに対し、パソコンを10GB 対応にするために必要なLANカードは16,000円程度と高額。また、パソコン内部に取り付ける必要があるため、若干の専門知識も必要です。

3、支払い方法が限られる

10GB の新規加入申し込みは支払いがクレジットカードのみです。現金での支払いは不可になります。

10GBはあくまで最高速度

2GBのプランと単純に最大速度だけを比べると、10GBは回線速度が5倍とうことになります。他社の光サービスが1GBなことを考えるとかなりの速度です。

しかし、10GBはあくまで最大速度(ベストエフォート値)。機器使用時の通信速度は通信環境と規格により異なるため、実際に10GB もの速度が出ることはほとんどありません。

また、PS4は有線でも最大1Gbpsまでにしか対応しておらず、スマホやWi-Fiなどの無線通信機器も、基本的に6GBや10GBでは1.7Gbpsが最高速度。パソコン以外の機器や無線を利用した場合、10GBの恩恵を受けることが難しくなります。

4、割引を受けるには3年間の継続利用が必要

10GBプランは3年契約(自動更新)を選択することで、初月無料や工事費無料などの割引が適用されます。

継続なしのプランも選択可能ですが、継続契約なしのタイプは初月無料が適用されません。工事費無料も適用されないため、60,000円の工事費用を一括で支払う必要があります。

6GB、10GBプランが向いているひと

では、6GB 10GB のプランが向いているのはどんなケースでしょうか。

前提として提供エリアに住んでいる

6GB、10GB のプランは 提供エリアが狭いというのがデメリット。ただ、提供エリアにあてはまるという方は、いち早く世界最速の10GB の速度を体感するチャンスでもあります。

初期費用はかかりますが、LANカードなど10GB対応の機器が量産化されれば購入時のコストももっと安価になる可能性も。提供エリアにお住まいの方は、サービスの切り替えや加入を視野に入れておいてもいいでしょう。

速度を重視したいケース

10ギガプランは世界最速のインターネットサービスです。
オンラインゲーム好きな方や、初期投資や月額料金が高くなってもいいので速度を重視したい!という方には6GB、10GBの新プランがおすすめです。

10GBを体験できる店舗がある

NURO光の公式サイトには、10GBの体験コーナーがある店舗が記載されています。
地域が限られていますが、ぜひ10GBを体験してみたい!という方はチェックしてみてください。

「10GBが体験できる店舗」
・ノジマ 赤羽北本通り店 〒115-0043 東京都北区神谷3-12-1 3F
・ノジマ 厚木本店 〒243-0021 神奈川県厚木市岡田3005
・ノジマ 湘南台店 〒252-0805 神奈川県藤沢市円行1-2-1
参考「NURO光公式サイト」
https://www.nuro.jp/10g/

まとめ

4月から提供開始された6GB、10GBの新プラン。コスト面などの問題はありますが、それでも10GB の速度は魅力的です。今後は、インターネット通信の量も増えていくことが予想されるので、10GB のサービスがあることを知っておくのもいいと思います。

これから、プランの値下げやエリア拡大なども実施される可能性がありますし、つねにアンテナを張っておきたいところです。当サイトでもこまめに公式サイトをチェックし、可能なかぎり報告したいと思います。

NURO光は申し込み先によってキャンペーンが違う

NURO光は公式サイト以外の代理店からも申し込む事ができます。

代理店複数社あり、どこから申し込むかで5万円以上の差が出ますが、申し込み先ごとにキャッシュバック全額の受取条件条件や受取時期が違います。

キャッシュバック金額だけで申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事があるため、各申し込み先のキャッシュバック金額と受取条件等は契約前に必ず確認するように私はしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン&受取条件一覧表