現在、NURO光の申し込み先は大きく分けて5つあります。

1、NURO光 公式サイト(So-netが運営するWEBサイト)
2、価格コム
3、各種販売代理店
4、家電量販店の店頭
5、Amazon
です。

※2018年3月現在は、NURO光の取り扱いが店頭である量販店はノジマ、ヤマダ電機、WEB経由ではヨドバシ、ビックカメラ、楽天も加わっていますが、申し込み手順、料金、キャンペーン共にAmazonと全く同じです。

結論から言うと、料金的にはわずかですが、So-net公式がAmazon(楽天)より安く、次いで価格コムという順番でした。インターネット上の評判を見てもその通りで、AmazonかSo-net公式のどちらかで申し込むのがコスパが良く安全、代理店はトラブルが多いという結論になっていました。

このページでは私がNURO光の申し込み先を探していた時に調べたAmazon(楽天)からNUROを申し込んだ時のキャンペーンや、So-net公式との比較などを中心にまとめています。Amazon以外の申し込み先についてはこちらにまとめています。

Amazon(楽天)のNURO光キャンペーンの内容

<キャンペーン特典>

1、30,000円キャッシュバック
2、工事費実質無料(30ヶ月の利用で)
3、設定サポート1回無料

となっています。いずれもSo-netの公式から申し込んだ場合と同じキャンペーンになっています。

月額料金や契約期間等、キャンペーン以外の利用料金や契約条件も公式と全く同じです。

  契約手数料 月額 キャンペーン 工事費 契約期間
So-net公式 3,000円 4,743円
(契約月は無料)
30,000円キャッシュバック他 40,000円
(実質無料)
2年
Amazon
楽天
3,000円 4,743円
(契約月は無料)
30,000円キャッシュバック他 40,000円
(実質無料)
2年


※1 Amazonは申し込み方法が公式とは違います。
※2 So-netの公式サイトは2種類あり、それぞれキャッシュバック金額が違います。
※3 工事費は4万円ですが、キャンペーンで実質無料となります。
※4 キャッシュバックの受取はAmazon、So-net公式共に4ヶ月目です。
※5 Amazon経由ですと事務手数料3,000円はキャンペーンで無料です。

AmazonとSo-net公式 どちらから申し込む方がお得なのか?

2年間のトータル料金を比べると

結論は前述したとおりわずかですが、So-net公式の3万円キャッシュバックのページから申し込んだ方がお得です。

Amazon経由で申し込む場合、まずアマゾンのサイトで「NURO光限定キーホルダー」を買います。そのキーホルダーが届くと、キーホルダーを梱包した箱にパスワードが入っており、NURO光にAmazonのキャンペーンを付けて申し込めるようになっています。

このキーホルダーの料金が553円かかりますので、結果として553円Amazon経由の申し込みの方が料金が高くなります。それだけの差です(笑)

<Amazon経由での申し込み手順>

Amazonから申し込むデメリット

デメリットというほどの事ではないのですが、まずキーホルダーを買って到着を待ってからNURO光の申し込みとなるため、キーホルダーが届くまでの数日の時間が無駄にはなります。

特に、auやフレッツ光などからNURO光に乗り換える時は、今使っている光回線の契約更新月の月内にNURO光の開通工事を終わらせる必要があります。

So-net公式から申し込んでも、キャンペーン特典はAmazonと全く同じですので、キーホルダーの到着を待たずそのまま公式サイトから申し込んだ方が早いと感じ、私はSo-net公式サイトから申し込みました。

Amazonから申し込むメリット

ただ、純粋に「NURO光キーホルダー」がちょっと欲しいという方にはAmazonは全然アリな申し込み先だと思います。先にあげた価格コムよりも安くなりますし、各種販売代理店と比べるとキャンペーンがシンプルで契約内容等でトラブルが起こる要素もほとんど見当たりません。

代理店経由の申し込みをすると、キャッシュバック金額はAmazonを超えていても、有料の月額オプションを複数付けたらキャッシュバック以上に料金を取られるようなところもあります。

実はAmazonのカギ(キーホルダー)から申し込むと、So-netの公式サイトのAmazon向けのページに飛び、そこから申し込むだけですので公式サイトから申し込んでいるのと同じです。