速度の速さと、リーズナブルな価格で人気のNURO光。2018年からは関西、東海エリアでも利用可能になったため、他社からの乗り換えを検討する方も多いのではないでしょうか。

今回は、光回線で利用者数が最も多いフレッツ光を対象に、NURO光からの乗り換えのる際のメリット・デメリットを解説します。

1、工事費用・契約手数料の比較

光回線の乗り換えを検討する際に、もっとも気になるのがコスト面。まずは、NURO光とフレッツ光の工事費用や、月額料金の比較をみていきましょう。

工事費用

  • NURO光→実質無料(40,000円 1,334円×30の分割が割引になる)
  • フレッツ光→18,000円(初回3,000円+2回目以降500円×30回)

NRUO光は工事費用40,000円ですが、工事費用の1,333円が毎月割引されるため実質無料です。フレッツ光は工事費用に対する割引はありません。

契約手数料

NURO光→3,000円
フレッツ光→800円

3,000円のNURO光に対して、フレッツ光の手数料は800円。フレッツ光の方が2,200円お得です。

2、月額料金の比較

光回線は回線を引く建物が「戸建て」と「マンション」で料金が変わるのが特徴。それぞれに戸建て・マンションプラン、それぞれを比較しました。

プランはNURO光が「NURO光 G2V」、フレッツ光は「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」です。表には両社とも割引が適用された料金を記載しています。

戸建て向けプラン

「NURO光」
プラン名:NURO光 G2V
月額料金:4,743円 プロバイダ料金なし 
実質:4,743円

「フレッツ光」

プラン名:フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
月額料金:4,600円
プロバイダ料金:500円~1,100円
実質:5,100円~

フレッツ光は、月額料金と一緒にプロバイダ料金も毎月支払う必要があります。選べるプロバイダ料金は10種類で、各社によって料金が異なります(500円~1,100円)

マンション向けプラン

「NURO光」
プラン名:NURO光forマンション
月額料金:1,900円~2,500円 
実質:1,900円~2,500円 

フレッツ光
プラン名:フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
月額料金:2,950円~3,950円
プロバイダ料金:500円~1,100円
実質 3,450円~

マンションプランは同じ建物で回線を利用するユーザーの数で月額が変わり、ユーザーが増えるほど月額料金が下がるシステムです。※表には最安値~最高値を記載しています。

フレッツ光は最安値のプロバイダ料金500円で合算しているため、実際はこの金額よりも高くなる場合も。月額料金では戸館・マンションともに月額料金でNURO光が圧勝です。

3、速度の比較

つづいては、各公式サイトを参考に速度を比較してみました。

・NURO光 上がり「1Gbps」下り最高速度「2Gbps」
・フレッツ光 上がり・下りともに最高速度「1Gbps」

単純に数値だけみるとNURO光の下り速度はフレッツ光の2倍。圧倒的にNURO光が優秀です。

ただ、この数値はあくまで最大速度。利用環境や設備によって回線速度は変わるため、実際に2Gbpsもの速度がでることはまずありません。これはフレッツ光にも同じことがいえます。

回線速度の目安を測るには、一般ユーザーが計測した実行速度が役立ちます。光回線の口コミに、フレッツ光からNURO光に乗り換え際の速度を記載したものがあったので、今回はそちらを参考にさせていただきました。

『開通前後での速度比較です。平日の午後。
http://www.musen-lan.com/speed/
フレッツ光) 推定転送速度: 79.56Mbps (9.94MB/sec)
NURO光)  推定転送速度: 202.52Mbps (25.30MB/sec)

http://www.nuro.jp/speedup/nuroCheck.html
NURO オリジナル通信速度測定システム
フレッツ光) 下り回線 速度 342.0Mbps  (42.76MByte/sec)
NURO光)  下り回線  速度 349.6Mbps (43.70MByte/sec) 』

上記は、価格comよりコメントの一部を抜粋して引用しています。
http://kakaku.com/bb/linebrand/linebrand.asp?bb_pagetype=4&bb_linebrand=710&bb_type=2&bb_satisfaction=5#searchBarLink

口コミの結果では最高速度・実行速度ともにNURO光の方が速いという結果でした。もちろん、地域差もあるため一概にはいえませんが、速度に関もNURO光の方が優秀だと考えてよさそうです。

4、提供エリア

「NURO光」
関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

「フレッツ光」
東日本・西日本ほぼすべての都道府県で利用可能。

NURO光は2018年にエリアを拡大していますが、まだまだサービス提供されていない場所が多くあります。それに対し、フレッツ光は全国的にサービスを展開中。提供エリアに関してはフレッツ光が圧勝です。

5、各種サービス

つづいては、光回線に必須の無線LANやセキュリティ、ひかり電話などのオプションサービスについての比較です。

 ▼無線LAN
NURO光、フレッツ光どちらも最新規格(IEEE 802.11ac対応)の無線LANが無料レンタル可能。

 ▼セキュリティソフト
NURO光 →「カスペルスキー」端末5台まで使用可能 無料
フレッツ光→「フレッツ・ウィルスクリア」端末3台まで使用可能 月額400円

NURO光は、セキュリティソフトもプランのセット内容に含まれているので無料で使用可能。フレッツ光は月額400円で使用できます。

▼ひかり電話
NURO光→関東500円/東海・関西 300円
フレッツ光→一律500円

NURO光は東海・関西で料金が異なり、関西に住んでいる方は月額300円で利用可能です。

 ▼スマホ割

NURO光→最大1,000円割引
フレッツ光→スマホ割引なし

NURO光はソフトバンクユーザーの場合、スマホ・携帯電話の料金が割引される「おうち割光セット」が適用。最大で1,000円安くなります。フレッツ光はスマホ割がありません。

NURO光に乗り換えるメリットとデメリット

ここからは、フレッツ光からNURO光に乗り換える際の、メリット・デメリットを紹介します。

「メリット」

 ・速度が速い
 ・セキュリティサービスが無料
 ・月額料金が安くなる
 ・キャッシュバックがある
 ・ソフトバンクユーザーなら、スマホ割引が受けられる

下り2Gbpsを掲げるNURO光の回線速度はかなり優秀。もちろん、フレッツ光の1Gbpsでも快適に利用できますが、オンラインゲームや大容量の動画をサクサク楽しみたいという方はNURO光がおすすめです。

また、NURO光は新規加入者向けに「月額2,980円」「ワンコイン」「キャッシュバック」のキャンペーン特典を行っています。とくにキャッシュバックは35,000円が還元されるかなりお得なキャンペーンなので、加入の際はぜひチェックしたいところ。

その他にも、「PS4やプレイステーションVR」がもらえる特典があり、自分に合ったキャンペーンを選べるのがメリット。リーズナブルな月額料金やスマホ割引も魅力です。

デメリット

 ・選べるプロバイダがひとつしかない
 ・転用ができないため、導入の工事が必要
 ・固定電話の番号が変わる可能性がある

フレッツ光で選べるプロバイダは10種類、たいしてNURO光はso-net(ソネット)のみです。プロバイダの種類によっても回線の速さは変わるので、選びたいプロバイダがある方はデメリットに感じるかも。

また、フレッツ光からNURO光への転用はできないため、新たに光回線の導入工事が必要です。工事費用は無料ですが、工事の日程決定や調整が少し面倒に感じるかもしれません。

さらに、固定電話の番号をフレッツ光で発番している場合、NURO光ではその番号を使用できないため電話番号が変わるのも少々不便なところです。

乗り換え際の注意点

NURO光からフレッツ光への乗り換えには、注意点があります。
上手に乗り換えるためにも一度確認しておきましょう。

フレッツ光の解約時期に注意!

導入工事が終了するまではNURO光は使えません。工事が終了する前にフレッツ光を解約してしまうと、その間インターネットが使用できなくなるため注意が必要です。

NURO光の工事は屋外と屋内の2回。期間は約1か月見ておくといいでしょう。NURO光でインターネット接続が確認できた時点で、フレッツ光の解約をすると失敗が防げます。

フレッツ光の解約金もチェック

フレッツ光の工事費用が残っている場合、残金が一括で請求されます。利用しているプロバイダも利用期間が設定されているケースがあり、解約金に注意です。

解約時は工事の未払いがないか、プロバイダの利用期間は大丈夫かを確認しておきましょう。

割引プランの更新月も確認

フレッツ光の「にねん割」を利用中の場合、更新月(利用期間満了付きの良くつきと翌々月)以外で解約すると、解約金(戸建て→9,500円、マンション→1,500円)を支払う必要があります。解約の際はこうした更新のタイミングにも注意しましょう。

まとめ

NURO光とフレッツ光に比べ、とくに料金・速度が優秀。今よりも速い回線に乗り換えたい、より安く利用したいという方にももってこいではないでしょうか。

ただし、NURO光は全国展開しているフレッツ光にくらべると、提供エリアが狭いのがネック。2018年よりエリアが拡大されましたが、自分の地域で対応しているか念のため確認しておきましょう。

乗り換えの際には、お得なキャッシュバックなどの特典もチェックしてみてください。

NURO光は申し込み先によってキャンペーンが違う

NURO光は公式サイト以外の代理店からも申し込む事ができます。

代理店複数社あり、どこから申し込むかで5万円以上の差が出ますが、申し込み先ごとにキャッシュバック全額の受取条件条件や受取時期が違います。

キャッシュバック金額だけで申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事があるため、各申し込み先のキャッシュバック金額と受取条件等は契約前に必ず確認するように私はしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン&受取条件一覧表