※画像はHG8045Q

NURO光を導入すると宅内工事の際に家の中にONUを設置するわけですが、ONUは5種類あり、それぞれスペックが違います。5種類の中から工事班が持っているONUを取り付けます。

1、ZXHN F660T(IEEE802.11ac非対応)
2、HG8045j(IEEE802.11ac非対応)
3、HG8045D(IEEE802.11ac非対応)
4、ZXHN F660A(IEEE802.11ac対応)
5、HG8045Q(IEEE802.11ac対応)
※IEEE802.11acとは?

大きく分けて旧型と新型に分かれ、新型の型番はF660AとHG8045Qです。旧型と新型の大きな違いはWi-Fi接続時の最大速度が旧型は450Mbps、新型は1300Mbpsになるため、工事の際は新型を取り付けてもらう事をお勧めします。

このページでは新型ONUのF660AとHG8045Q、どちらの方が高性能なのか?それぞれのスペックや特徴をまとめました。

ONUって何?新型?型番と言われても・・?と言う方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。NURO光は無線LAN(ルーター)不要 ONUの役割と種類を解説

1、F660AとHG8045Qの基本スペック

1-1 スペック表

 ZXHN F660AEchoLife HG8045Q
サイズ245×190×38
縦長
235×195×30
横長
ポート数3つ3つ
Wi-Fi規格2.4Ghz b/g/n5Ghz a/ac2.4Ghz b/g/n5Ghz a/ac
最大速度1.3Gbps(1300Mbps)1.3Gbps(1300Mbps)

※ポート数とはLANケーブルを等を刺せる本数です。F660A、HG8045Q共に3つまで有線での接続ができます。

1-2 F660AとHG8045Q 共通性能

2、ZXHN F660AとEchoLife HG8045Qの性能の違い

2-1 SSIDの接続台数

1つのSSID(パスワード)で同時接続できる台数(端末数)は、F660Aは10台までに対してHG8045Qは32台までです。

一家族で使う分には10台接続できれば十分だと思いますので、一般の方には問題にならないポイントだと思います。オフィスや特別な事業をする個人だと影響があるのかもしれません。

2-2 F660AはNTFSが読めない

NTFSとはウインドウズでファイルを管理するシステムです。マイクロソフトが言うにはFAT32の上位互換に当たります。F660AはNTFSを読むことができず、HG8045Qは2TBまでならNTFSを読めるようです。

これの何が問題かと言うと、NASで外付けハード等の情報を共有した際にNTFSでファイルを管理しているハードの読み込みができず、PC等の端末でも見る事ができません。

FAT32であれば読めますのでFAT32に再フォーマットすればOKですが、ひと手間かかり面倒です。最新の外付けハードでも4GBを超える容量を保存するならNTFSが普通ですし、NTFS対応のものがほとんどです。

また、F660AはNASをする際のファイルにパスワードロックをかける事ができません。

2-3 速度の差やiPhone等との互換性

これに関してはTwitterや、IT分野では説得力のある2ちゃんねるあたりを見てもどちらにも不具合的な報告がありますが、不具合がONUでなく周辺機器やネット環境の可能性も高く、結論としては差がないと考えていいと思います。

私自身は旧型のF660T(Wi-Fi接続最大450Mbps)を使っていますが、それでも速度に関しては十分満足していますし、Wi-Fi接続でエラーや他の電波との干渉を起こしたことはありません。NURO光は遅いのか?NURO光の速度に関する評判を集めました

3、ZXHN F660AとEchoLife HG8045Q どちらを選ぶべきか?

HG8045Qの方が高機能ですが、どちらも一般的な使い方をする分には十分に高性能なためどちらでもいいと思います(笑)市販のルーターで簡易NAS機能、無線LAN、1300Mbps対応だと2万円近くします。私はHG8045Qを使っていますが快適です。

また、MacユーザーはNAS機能を使うにしてもNTFS自体が使えないためこちらもどちらのルーターでもいいと思います。

WindowsユーザーでNAS機能をガンガン使う方はHG8045Q一択です。容量のあるファイルを転送する場合、NTFSが読み込めないのは痛手です。いちいちFTA32に再フォーマットするのも手間ですし、転送にも時間がかかります。

3-1 ONUを交換したい場合は

工事完了後にNURO光のサポートセンターに電話して、ONUを交換したい旨を伝えれば無料で交換ができます。※2015年9月より前の契約者は10,000円かかります。

サポートの電話から4日後以降で工事の枠を予約し、その日に工事班がONUの交換に来ます。工事は数分で終わりますが、手間を感じる方は宅内工事の前にONU端末の指定をしておくと確実です。

また、以前はF660シリーズからHGシリーズへの変更はできなかったようですが、2018年現在は交換可能のようです。

4、IEEE02.11acとは?

「IEEE02.11ac」とはIEEE(米国電気電子学会)によって定められたWi-Fi(無線)の通信規格の種類です。

「IEEE02.11ac」は、他のIEEE規格に比べ一度に運べる情報量が多いため、従来のWi-Fi規格よりも高速での通信が可能になっています。

4-1 IEEE02.11acへの対応によりWi-Fiの安定した高速通信を実現

Wi-Fiで使われる通信規格「IEEE02.11ac」は、5GHz帯と2.4GHz帯という2つの周波数の帯域に分けられています。

5GHz帯には「11ac」「11a」、2.4GHz帯には「11a」「11b」
そして、両方の周波数帯で使える「11n」。
Wi-Fi通信では、主にこの5つの規格が利用されています。

4-2 利用できるチャンネルの特徴

5GHz帯

メリット:他の電子機器による電波干渉が少なく、通信が安定している
デメリット:障害物に弱く壁や家具などで遮られるとつながりにくい場合がある

2.4GHz

メリット:障害物に強く、対応できる機種が多い
デメリット:同じ周波数帯を利用する機種が多いため、混雑して速度が遅くなる場合がある

Wi-Fi接続をする際に、利用する場所がモデム(ONU)から離れていたり、壁を挟んだ部屋の場合は2.4GHz帯を使った方が速度が出ます。5GHz帯は、モデムのすぐそばで使う場合や、複数端末を2.4Ghz帯で使っている場合に使うといいでしょう。私は基本的に2.4Ghz帯を使っています。

4-3 それぞれの企画の最大速度

5つの規格は通信速度や特性が異なります。それぞれの違いを細かくみていきましょう。

  • 11ac→6.9Gbps
  • 11n→600Mbps
  • 11a→54Mbps
  • 11g→54Mbps
  • 11b→11Mbps

Gbps、Mbpsは通信速度の単位。数値が大きいほど速くなります。また、MbpsよりもGbpsの単位が大きくなるので、上記リストでは11acの6.9Gbpsが最速です。

4-4 11acの通信速度が速い理由

従来のWi-Fiは主に2.4Ghz帯が利用されていました。しかし、2.4Ghz帯は上記のとおり対応している機種が多いため、とくに夜など利用者の多い時間帯は混雑することも。

さらに、この周波数はインターネットだけでなく、電子レンジなどの家電が発する電波と干渉しやすいため、Wi-Fiが途切れるというトラブルもたびたび起きていました。

しかし、IEEE802.11acは「帯域幅の拡大」「変調信号の多値化」「MIMO方式の拡張」により高速、かつ安定した通信速度を実現。通信の通り道を広め、一度に送れる情報量を増加させることで、無線通信ならではの不安要素が解消されています。

5、NTFSとは

NTFSとはWindowsにおけるファイルシステムの一つで、コンピューターがファイルを保存したり、消したりする仕組みのことをファイルシステムといいます。

「NTFS」は少し前まで主流だったファイルシステム「FAT」の上位互換であり、性能もやや上です。FATにはない下記のような利点があります。

  • ファイル転送の際、パスワードロックの使用が可能
  • ディスクに関連する一部エラーからの自動回復機能
  • 大容量HDDのサポート向上

F660AのファイルシステムはFATですが、HG8045QはNTFSを使っています。ファイルシステムはそれぞれ形式が異なるため、F660AはNTFSのデータを読むことができません。

そのため、次項で解説する「NAS機能」の使用に影響がでてきます。

6、NASとは?


画像はBUFFALOのサイトより引用

NASの代表的なパターンは、データが保存してあるHDDやUSBをルーターに接続するだけで、Wi-Fi経由でPCやスマホ、タブレットなど複数端末からHDDやUSBのデータにアクセスできる状態です。

ホームネットワークとも言われますが、例えば録画しておいたテレビ番組をNASに入れておけば家中のPCやスマホから見る事ができます。

具体的なNAS機能(ホーム共有、メディア共有)の手順はそれぞれの取扱説明書に書かれています。
EchoLife HG8045Q 取扱説明書 (P65~)
F660A 取扱説明書 メディア共有(P58~)

NURO光は申し込み先によってキャンペーンが違う

NURO光は公式サイト以外の代理店からも申し込む事ができます。

代理店複数社あり、どこから申し込むかで5万円以上の差が出ますが、申し込み先ごとにキャッシュバック全額の受取条件条件や受取時期が違います。

キャッシュバック金額だけで申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事があるため、各申し込み先のキャッシュバック金額と受取条件等は契約前に必ず確認するように私はしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン&受取条件一覧表