NURO光 for マンションとマンションミニの違い

NURO光のマンション契約は、建物が何階建てかによって異なります。

マンションが7階建て以下の場合、戸建住宅と同じ「NURO光 マンションミニ」という契約。マンションが8階建て以上の場合は、「NURO光forマンション」という契約になります。また、3階から7階建てのマンションの場合は、基本的にマンションミニとforマンションのどちらかを選べます。

マンションミニは早い話、戸建ての料金プランと全く同じですので、7階建てまでのマンションの方は戸建てプランとマンションプランのどちらにするか選ぶ事ができます。

戸建て契約とマンション契約の違い

対象となるマンション

戸建住宅や7階建て以下のマンションが対象となるのがNURO光(マンションミニ)。

一方、NURO光forマンションが対象とするのは、8階建て以上かつ同じマンションから4人以上のエントリー者がいるマンションです(7階建て以下のマンションでも対象になる場合もあります)。

4人以上のエントリーが必要という点が、NURO光との大きな違いでしょう。自分一人だけNURO光にしたいと思っていてもマンションに設備を付けられません。同じマンションから4人以上がNURO光を使いたいと表明することで、マンションに設備を導入できるのです。

月額料金が異なる

マンションミニの場合、プロバイダ料金と回線使用料込みで、月額基本料金は4,743円です。

ここからキャンペーンを利用することで、キャンペーン期間中は2,980円に割引を受けることができます(利用するキャンペーンによって割引料は異なります)。月額割引でなく3万円のキャッシュバックを選ぶ事も出来ます。

マンションの場合、加入する人数によって月額基本料金が異なることが特徴と言えるでしょう。詳しくは後述しますが、同マンションから4人が利用する場合は2,500円。10人以上の場合は1,900円となります。

開通までにかかる期間

マンションミニでは、利用の申し込みから開通までにかかる期間は、平均1ヶ月前後となっています。1人からでも利用できるので、申し込みから工事、開通までスムーズに進んでいきます。

1ヶ月というのは平均した期間ですので、もっと早く済む場合もありますし、引っ越しシーズンなどの繁忙期ではさらに期間が必要となると思われます。

NURO光forマンションでは、そのマンションに設備が導入されているかどうかで変わります。

すでに4人以上のエントリー者がいてマンションにNURO光の設備が導入されていた場合、申し込み後は宅内工事だけを行えばよいので、すぐに利用することができます。

一方、設備未導入のマンションの場合は4人以上のエントリー者を集めるところからスタートしなければなりませんので、かなり時間がかかるでしょう。

NURO光forマンションの料金体系

月額料金は利用者の人数で変わる

NURO光forマンションでは、同じマンションから何人のユーザーが利用しているかで料金が変わる仕組みを採用しています。

まず、月額基本料金は契約人数に関わらず一律1,600円です。ここにHands-up会費がかかり、これが利用者数によって変動するのです。

Hands-upとは

マンション内にNURO光forマンションの回線設備を導入することが決定した時点で設立される任意団体で、NURO光forマンションを利用するには、このHands-upに加入する必要があります。

Hands-up会費は、マンション共有部分に必要な回線設備ための工事費や管理費、Hands-upの運営費として使われます。

Hands-up会費は利用者数が4~6人の場合は月額900円。以下、7人で800円、8人で700円、9人で600円と安くなっていき、10人以上の場合は月額300円となります。

1,600円の月額基本料金と合わせると、2,500円から1,900円が利用者の月額負担金となるわけです。
このHands-up会費は、月初に集計された利用者数に応じて変動していきます。

このほかに初期費用として、契約事務手数料が3,000円、宅内工事費として40,000円(1,111円の36ヶ月の分割払い)が必要です。
これらは契約人数による変動はなく、一律でこの料金となっています。

ただし、宅内工事費に関してはNURO光forマンションのキャッシュバックキャンペーンを利用することにより、実質無料にすることも可能です。

NURO光forマンションのキャッシュバックキャンペーン

NURO光forマンションでは、NURO光とは異なるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。これはすでにNURO光forマンションが導入されているマンションに住んでいる方が対象で、特典は以下のようになっています。

特典1
10,000円キャッシュバック

特典2
宅内工事費40,000円を実質無料

実質無料とは、宅内工事費にあたる月々1,111円の支払いと同額が、毎月の利用料金から値引きされるというものです。これにより、月々の支払い額は月額基本料金の1,600円とHands-up会費の最大2,500円に抑えられるのです。

ただし、あくまで”実質”無料であり、途中解約した場合は月々の割引を工事費用の完済まで受けることができませんので、残りの費用は支払わなければなりません。

また、10,000円のキャッシュバックはNURO光forマンションを24ヶ月間利用することが前提となっており、それ以前に解約すると返金が必要となる場合がある点にもご注意ください。

利用開始までの流れ

それでは、NURO光forマンションを導入するまでの流れについて説明しましょう。

まずはNURO光へ電話またはWebから申し込みを行います。
Webで申し込む場合は、下記のページより、お住まいのマンションがNURO光forマンションを既に導入しているかどうかを調べることができます。

https://nuro.jp/mansion/service/neworder/

住所を入力すると、まずはその地域がNURO光のサービス提供エリアかどうかの結果が表示されます。

NURO光は、関東地方の1都6県(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)、東海地方の4県(愛知・岐阜・静岡・三重)、関西地方の2府3県(大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫)がサービス提供エリアとなっており、東海および関西では2018年1月下旬から順次サービス開始となっています。

お住まいのエリアがNURO光のサービス提供エリアであった場合、「お住まいの建物を選択してください」という項目が現れます。
ここにご自身のマンション名があれば、それはNURO光の設備が導入済みであり、すぐにNURO光forマンションに加入することができます。

住んでいるマンション名がない場合や、「導入済みマンションが見つかりませんでした(エントリーフォームへ進む)」と表示された場合には、マンションに設備が導入されていませんので、4人のエントリーが集まった時点で導入へ進むことになります。

設備が導入済みの場合

お住まいのマンションにNURO光forマンションの設備が既に導入されている場合は、そのまま申し込み画面へ進んで申し込むことができます。

表示された月額負担金を確認し、必要項目を記入していきましょう。その後、NURO光から宅内工事日の連絡が入ります。決定した工事日に宅内工事が実施され、NURO光forマンションを利用できるようになります。

設備が導入されていない場合

お住まいのマンションに設備が導入されていない場合は、エントリーが4人以上集まらなければなりません。

まずはご自身でエントリーするため、エントリー画面に進み、必要項目を入力していきましょう。エントリーが完了したら、4人のエントリー者が集まるまで待つ必要があります。

自然に集まるのを待つよりは、ご自身でお知り合いの住民に声をかけるなどするとよいでしょう。

4人集めることが難しい場合は、「おひとり様でも設備導入工事」というキャンペーンを期間限定で行っていますので、条件を満たしてればそちらを利用することもできます。

オーナー(管理会社)との承諾交渉後に工事

4人のエントリーが集まったら、NURO光の担当者がマンションの管理会社または賃貸オーナーと設備導入の承諾交渉を行います。この際、利用者自身で事前に管理会社やオーナーに話を通しておくと、導入するまでの期間を大きく短縮することができます。

設備導入が承諾されると、マンションに設備を設置することができるかどうかの現地確認が行われ、問題なければ工事が開始されます。

工事では、マンションの共有部分にスプライスBOXという名刺入れサイズの箱が設置されます。

そのスプライスBOXでは、外部から引き込まれるNTTの光回線とマンションの各戸に引く光ファイバーケーブルを分岐させています。
その後、エントリーした利用の宅内でコンセントプレートを光コンセントに交換する工事を行い、NURO光forマンションが利用できるようになります。

集合住宅に1人だけ契約でも設備導入工事できるケース

NURO光forマンションを利用するには4人以上のエントリーが必要です。しかし、知り合いに声をかけたけど良い返事がもらえない、そもそも同じマンション内に話ができる知り合いがいないなど、4人を集めるのが難しいこともあると思います。

そうしたケースでは、「おひとり様でも設備導入工事」を利用することができる場合があります。

これは文字通り、エントリー者がひとりしかいなくても設備導入の工事を実施してもらえるキャンペーンとなっており、3階建て以上かつ40戸以上のマンションが条件となっています。

ひとりのエントリーですぐに管理会社またはオーナーとの設備導入交渉に入り、並行して同じマンションに住む住民への声かけをNURO光が行ってくれます。

ただし、下見調査の結果、設備導入工事が不可能だと判断されることもあります。そのほか、場合によってはNURO光G2V(マンションミニ)の契約を勧められるケースもあるようです。

こちらのキャンペーンは「期間限定」と書かれているため、予告なく終了する場合があります。もしもNURO光forマンションを利用したいと思ったら、早めに行動するとよいでしょう。

NURO光は申し込み先によってキャンペーンが違う

NURO光は公式サイト以外の代理店からも申し込む事ができます。

代理店複数社あり、どこから申し込むかで5万円以上の差が出ますが、申し込み先ごとにキャッシュバック全額の受取条件条件や受取時期が違います。

キャッシュバック金額だけで申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事があるため、各申し込み先のキャッシュバック金額と受取条件等は契約前に必ず確認するように私はしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン&受取条件一覧表