NURO光とは、ソニーネットワーク コミュニケーションズ(株)が提供する光回線サービス。“下り最大2Gbps”の高速回線を誇り、リーズナブルな価格帯で人気です。

しかし、対応エリアが狭い(関東限定)のが難点で、今まで加入をあきらめていた人も。2018年1月ついに関西、東海エリアにでも利用可能となったため注目を集めています。

このブログでは大阪在住のeo光ユーザーの方に頼んで、光回線を選ぶ際に重視したい点や評判等を交えて、eo光とNURO光を比べてどちらを使いたいか等の意見を書いてもらいました。

1、ネットの速度

速度を比べる際の前提 カタログの最大速度を鵜呑みにしない

NURO光は「回線最大2Gbps」が売り。対してeo光は最大1Gbps。最大値ではNURO光が倍ですが、NURO光も実際に利用した際は建物の作りや地域、環境などあらゆる要因が絡むため2Gbpsほどの速度がでることはありません。

2Gbpsはいわゆる“ベストエフォート値”で、最高の設備や環境を利用したときにでる理論上の最大速度なので、実際には利用環境に影響を受け速度が落ちてしまいます。

しかし、これはeo光を含めどの光回線サービスにもいえることです。多くの光回線サービスが最大値を売りにしていますが、やはり利用環境や地域などで速度失速は発生します。

NURO光とeo光の実際の速度

では、実際にNURO光はどのくらいの速度がでるのでしょうか。NUROの公式サイトには、NURO光の実質速度が発表されています。地域差はありますが下り900Mbpsを記録しておりかなり優秀です。

NURO光の速度に関する評判とNURO光管理人が速度を実際に計測した際の数値はこちらのページに書いています。NURO光の実際の速度に関するデータと実測値

eo光の公式サイトも調べてみたのですが、実質速度の計測値などは掲載されていませんでした。

RBB SPEED AWARDの測定結果

そこで参考にしたのが「RBB SPEED AWARD」

RBBで実際にスピードテスト(速度測定サイト)を使ったひとの実際の測定結果を集計し、平均速度が高い回線を地域別に発表しています。測定結果は2万件近くあるため、十分参考になるデータです。

最新の2018年発表の「RBB SPEED AWARD 固定回線の部 有線接続」では、下記のような結果がでていました。

NURO光(関東):下り平均 451.59Mbps 上り平均:362.63Mbps
eo光(近畿) :下り平均 267.50Mbps 上り平均:291.14Mbps
※下りはダウンロード、上りはアップロードする時のスピードです。動画やサイト閲覧の時は下りの速度、インスタグラムやLineの送信は登りの速度です。

回線速度には地域差や利用環境なども影響するため一概にはいえませんが、この数値だけみるとNURO光に軍配があがっています。この数値はNURO光の関東での速度ですが、関西エリアは関東より契約者数が少ないため関東より速度が落ちる可能性は低いはずです。

2年間利用時のトータル料金

NURO光とeo光の実質費用を表にして比較してみました。
NURO光は「キャッシュバックキャンペーン」、eo光は「eo暮らしスタート割り」を適用しています。
工事費用 契約手数料 月額料金(1年目) 月額料金(2年目) キャッシュバック 2年間合計
NURO光 実質無料 3,000円 4,742円 4,742円  35,000円  81,808円
eo光 実質無料 3,000円 2,953円 4,953円  10,000円 87,872円

eo光は利用1年目にぐっと安くなりますが、2年目からはNURO光よりも高くなります。また、キャッシュバックはNURO光が35,000円なのに対し、eo光は10,000円です。

2年間利用した金額を合計するとNURO光の方が6,000円程安いという結果に。ネットの料金面ではNURO光の圧勝です。ただし注意したいのがeo光の強みはネットだけでなく、テレビ(地デジ、BS、CS)・電話・ネットの3サービスに加入した時のセット割で威力を発揮する事です。

また余談ですが、キャッシュバックされるのがNURO光は口座に現金が振り込まれるのに対し、eo光は商品券の発送となります。商品券ではなく現金として手元に欲しいという方はNURO光を選んだほうがいいかもしれません。

実施中のキャンペーン

NURO光のキャンペーン

NURO光は6月現在で3つのキャンペーンを行っており、その中からひとつを選ぶことができます。

  • キャッシュバックキャンペーン(35,000円のキャッシュバック)
  • 月額割引キャンペーン(1年間、月額基本料が割引になる)
  • ワンコインキャンペーン(3か月間500円で体験できる)

※参考:NURO光の3つのキャンペーンの料金比較とメリットデメリット

キャンペーンには共通して、下記のような特典がついてきます。

  • 導入工事費が実質無料(費用相当分が割引になる)
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)10台まで無料
  • 設定サポート無料

eo光のキャンペーン

eo光は、新規契約で1年目の月額料金が2,953円になる「eo暮らしスタート割」キャンペーンを実地中です。さらに、eo光電話と光テレビをセットにした4,978円のキャンペーンもあり、まとめて利用したい方に便利です。

その他にも下記のような特典がついてきます。

  • 導入工事費が実質無料
  • 他社から乗り換えた場合、30,000円換金
  • セキュリティソフト1年間無料(マカフィー)

キャンペーンのパンチで言えばNURO光の35,000円キャッシュバックの方が強力です。オプション契約等の条件なしのキャッシュバック純額で見るとeo光だけでなく、他の光回線と比べてもトップレベルの金額です。

NURO光 eo光共にスマホ割がある

NURO光はひかり電話を契約した場合、ソフトバンクのスマホの月額料金・通話料が割引に。対するeo光はauスマートバリューに加入できるため、au系列の電話料金が割引になります。

ソフトバンクユーザーはNURO光を、auユーザーはeo光を選ぶと月々のスマホ代を節約できるのでメリットがあります。

ソフトバンクのスマホセット割引を使ってみて感じたメリットデメリット

料金&サポートなど総合力に関する評判

今回はより平等にするため、民間の調査機関の「顧客満足度」をみて比較しました。

(株)J.D. パワーが2017年に行った地域別の顧客満足度調査によると、関東エリアではNURO光が607ポイントで1位。関西エリアではeo光が595ポイントで1位です。

オリコン(株)が行っているプロバイダ満足度調査でも、関東エリアはSo-net(NURO光のプロバイダ)が1位、関西エリアではeo光が1位という結果でした。

どちらもかなり顧客満足度が高く、評判がいいということがわかります。しかし、地域差があり比較するのは難しいためここは“互角”と判断することに。

NURO光とeo光 私ならどちらを選ぶか

速度や単純に月額料金だけでみるとNURO光の勝利。私はコスパ重視なので個人的にはNURO光を選びます。

しかし、光回線の利用目的は「コスパ重視」や「テレビや電話サービスをまとめてお得に利用したい」など……個人差があります。どちらが優れているかを決めるのはやはり難しいところです。

個人的なおすすめポイントをあげたので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなひとはNURO光がおすすめ

・速度重視のひと
・できるだけコスパをおさえたいひと
・ソフトバンクのスマホユーザー

こんなひとはeo光がおすすめ

・ネットやテレビ・光電話などをセットでまとめて利用したひと
・auのスマホユーザー

NURO光は申し込み先によってキャンペーンが違う

NURO光は公式サイト以外の代理店からも申し込む事ができます。

代理店複数社あり、どこから申し込むかで5万円以上の差が出ますが、申し込み先ごとにキャッシュバック全額の受取条件条件や受取時期が違います。

キャッシュバック金額だけで申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事があるため、各申し込み先のキャッシュバック金額と受取条件等は契約前に必ず確認するように私はしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン&受取条件一覧表