ソフトバンク光とNURO光、いずれもソフトバンクのスマホ料金をセットで割り引ける光回線なので、特にソフトバンクのスマホユーザーは関心が高いと思います。

私の場合、職業柄新しいインターネットサービスに関しては常にアンテナを張り巡らせていないといけないため、備忘録を兼ねて、光コラボレーションの中でも代表的なソフトバンク光と、私が現在利用中のNURO光を4つのポイントから比較していこうと思います。

目次

4つのポイントで比較シリーズは今回で3回目ですが、1回目、2回目が多くの方に読んでいただけているので、今回も同じ形式でまとめてみようと思います。

ソフトバンク光 VS NURO光 スペック比較表

工事料金

月額

スピード

キャンペーン

契約期間

ソフトバンク光

新規契約
24,000円
乗り換え
無料(条件あり)
5,200円(戸建て)
3,800円(集合住宅)
下り(ダウンロード)
最大1GB(1024Mbps)
おうち割 光セット
工事費無料(条件有)
2年

NURO光

40,000円
(実質無料)
4,743円(戸建て)
1,900円~(集合住宅)
プロバイダ料金込
下り(ダウンロード)
最大2GB(2048Mbps)
3万円キャッシュバック
初月月額無料
おうち割 光セット 他
2年


おうち割 光セットに関して


※1 ソフトバンク光でおうち割 光セットを適用する場合オプション契約(最安で月500円)が必要。
※2 NURO光でおうち割 光セットを適用する場合は無料(オプション契約不要おうち割 光セットとは?

表を見る限りですと、工事費を含めた利用料金、スピード、キャンペーンの充実度のどれをとってもNURO光の完勝です。それぞれの要素や注意点を細かく見ていくと、

1、2年間使った際の利用料金

NURO光、ソフトバンク光ともに利用料金は契約手数料+導入工事費+毎月の月額×24ヶ月分(最低利用期間)-キャンペーン特典で決まります。

それぞれ最低利用期間の24ヶ月を使った時の合計料金を出すと

  • NURO光:3,000円(契約手数料)+0円(導入工事費)+24ヶ月×4,743円=116,808円
  • ソフトバンク光:3,000円(事務手数料)+24,000円(導入工事費)+24ヶ月×5,200円=151,800円

2年間使った時の合計料金は約35,000円、NURO光の方が安くなります。

さらにNURO光ではWEB(NURO光公式サイト)から申し込んだ場合、3万円のキャッシュバックがありますのでそれも合わせると6万円以上の差がつきます。

2、申し込み時のキャンペーンと注意すべき点

ソフトバンク光のキャンペーン

まず1番目の工事費割引の条件は


  • 他社からソフトバンク光へ乗り換え(新規契約・フレッツ光からの転用は対象外)
  • ソフトバンク指定の書類に各種証明書のコピーを貼付して返送(課金開始月から5ヶ月目末日まで必着)
  • 課金開始月から5ヶ月末までの利用(途中解約は工事費全額請求+解約手数料)

2番目の乗り換えた際の違約金負担の条件は


  • 1番(工事費割引)の条件を全て満たしている
  • 他社の回線からの乗り換え
  • ソフトバンク指定の証明書の提出(他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用の金額が確認できる証明書のコピー他)(課金開始月から5ヶ月目末日まで必着)

上の条件を1つでも満たせないと6ヶ月目から工事費の請求が始まります。

特に、ソフトバンク指定の証明書の提出は期限が決まっており、また、内容も複雑でHPを見ただけでは難しいので、コールセンターに電話して聞きながら書類を準備した方が確実だと感じました。

NURO光の場合、スマホやオプションの契約と言った条件なしに、ソフトバンクの新規申し込み特典(キャンペーン)を上回る特典が付きます。具体的には下記にまとめていますが、工事費全額割引と3万円のキャッシュバックです。

NURO光のキャンペーン

3、回線速度

回線のスピードに関しては、ソフトバンク光はフレッツ光のインフラ(回線)を使っていますのでフレッツ光や、同じ光コラボレーションでフレッツ光の回線を使っているドコモ光と理論上は変わらないスピードのはずです。

ただし、価格コムや、その他の口コミサイトを見るとソフトバンク光のスピードに関する評判ははっきり言って悪いです。

ソフトバンク光は私は使った事がないのでわかりませんが、Yahoo BB(ADSL)に始まり、モバイルルーターなどSoftBankの提供するインターネット回線は正直質が低いという印象を私個人も持っています。実際、それらのサービスではクレームと言えるトラブルが頻発していました。

同じフレッツ光の回線(インフラ)を使っていても、光コラボ事業者(ソフトバンクなど)によってはインフラが整っておらず、フレッツ光よりも速度が出なかったり、ネットの安定度が低い(急に速度が落ちたり動画のダウンロードに規制が入る)などの事があるのも事実です。OCNが過去にYoutubeを速度制限の対象にしていた事を覚えている方もいると思います。

対してNURO光は私が現在使っていますが、速度、PING値とも全く問題を感じませんし、個人的には以前使っていたauひかりやJ:COMより速いです。

結論:NURO光とソフトバンク光 どちらを選ぶべきか?

NURO光と比べてソフトバンク光を契約するメリットはない・・

NURO光とソフトバンク光を比べた際にソフトバンク光が上回るポイントは私が調べた限り1つもありません。具体的には、利用料金、スピード、サポート対応、申し込み時のキャンペーン、利用者の評判等です。

ソフトバンク光の最大の武器であるスマート割引も、上述したとおりNURO光でも適用ができます(NURO光の方が500円安く適用可能)。ただし、NURO光は関東の1都6県でしか利用できないためそれ以外の地域に住んでいる方はNURO光を契約する事はできません。

ですのでNURO光が利用可能でない地域の方はソフトバンク光を選ぶといいでしょう。。とはならず、ソフトバンク光を選ぶのであれば本家のフレッツ光や、au光、その他の光コラボレーション事業者が提供する光回線サービスを使った方がいいのかなと思います。

ソフトバンク光を選んで唯一メリットが出るパターンは、例えば家族3人全員ソフトバンクのスマホのパケットプランを契約している場合などです。この場合は、スマート割引で毎月のスマホ料金が最大1人2,000円×3人=6,000円値引きとなり、ソフトバンク光は実質無料で使える事になるため料金的にはメリットがでます。

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

ソフトバンク・NURO それぞれ契約する前に注意すべき点

ソフトバンク光を利用する際の注意点

1、ソフトバンク光の光電話の電話番号は他社に移せない(MNPできない)
2、サポートの電話が絶望的につながらない or 対応が雑
3、おうち割 光セット適用にオプション契約が必要
※MNPとは、他の事業者(ネットサービスや電話サービス)に移った際に同じ電話番号を使う事です。

最も怖いのが1番目のソフトバンク光を解約した際に電話番号を移せない(MNPができない)事でしょう。

具体的にはどういう事かと言うと、
例えばフレッツ光の光電話で使っていた電話番号をソフトバンク光の電話でも使う(MNP)。ソフトバンク光を解約して次のインターネットを契約した時に、電話番号がソフトバンク光から次のネット回線に移せず電話番号消滅となります。

対するNURO光はMNPもできますし、NURO光を退会した際に他のサービスでも同じ番号を使えます。MNP(電話番号の移行)の具体的な方法や、NURO光にMNPするメリットデメリット等は以下の記事にまとめています。

2番のコールセンター(サポート対応)に関してはSoftBankのネット回線なり、スマホを利用したことがある方は誰もが知っている事だと思います。

NURO光を利用する際の注意点

ソフトバンク光 初期(導入時の)工事費に関して

※3 ソフトバンク光の初期工事費は初月6,000円+1,150円×24ヶ月の分割払いか、一括払いを選べます。
※4 NURO光の初期工事費はキャンペーンで実質無料です。