東京電力とNURO光が提携して、「NURO 光 for TEPCO」と言うブランド名でサービスを開始する事が2015年12月に発表されました。東電ユーザーに対してNURO光をセット販売する代わりに割引等をつける内容のようです。2016年2月より正式にキャンペーンが始まりました。

元々、電力会社が自社の送電網(電柱など)を使ってインターネットサービスを展開するのは一般的で、関西ではeo光などが有名ですし、東京電力も今はKDDIに売却していますが、以前はテプコ光と言うサービスを行っていました。

東京電力とNURO光の提携は、2016年から4月から始まる電力自由化に向けての顧客確保が最大の目的でしょう。また、東電管内(1都6県)しかエリアを持たないNURO光に取っても東電ユーザーと言う莫大な数の顧客に販売網を持つ東電との提携は大きなメリットがあるように思います。

このページでは、「NURO 光 for TEPCO」具体的な料金プランやキャンペーン等を随時更新していこうと思います。

NURO 光 for TEPCOの料金 キャンペーン特典

キャンペーン適用の条件

NURO光の申し込みと同時に、東京電力の新料金プラン、もしくはでんき家計簿に登録することが条件です。また、過去にNURO光を申し込んだ事がある人はキャンペーンを受けることができません。

他のNURO光キャンペーンと比べるとどうなのか?

NURO光はNURO 光 for TEPCO以外にも申し込み先がいくつかあります。
その中でもいちばんキャンペーン特典が手厚いソネットの公式サイトからNURO光に申し込んだ場合と比べてみると下の表のとおりです。

  契約手数料 月額 キャンペーン 工事費 契約期間
So-net公式 800円 4,743円
(契約月は無料)
30,000円キャッシュバック他 40,000円
(実質無料)
2年
東電
NURO 光 for TEPCO
800円 4,443円
(契約月は無料)
15,000円or2万円
キャッシュバック他
40,000円
(実質無料)
2年


ソネット公式サイトからの申し込みと比べると


東電キャンペーンを使って申し込んだ場合は月額が300円安くなる代わりに、キャッシュバック金額がソネット公式サイトから申し込むより1万円安くなります。

NURO光は2年契約ですので2年間使った時の料金を計算してみると、10,000円-300円×24ヶ月=2,800円 ソネット公式サイトから申し込んだ方が安くなります。

また、前述したとおり東電(テプコ)キャンペーンの場合、ネットのみの契約ですとキャッシュバック金額が15,000円ですが、ソネット公式から申し込むとネット契約のみで30,000円のキャッシュバックがもらえます。

工事費実質無料キャンペーンはソネット公式サイトからの申し込みでもついてきますので、そのあたりを考えると東電の新料金プラン利用者でも、あえてNURO 光 for TEPCOのプランで申し込むメリットは薄いのかなと感じます。

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

下記の情報は2015年12月の段階のものです。
最新のNURO 光 for TEPCO(東京電力)のキャンペーンはこちらにまとめています。

NURO 光 for TEPCOの料金 キャンペーン特典

NURO 光 for TEPCOと、NURO光の3万円キャッシュバック、どちらも同じNURO光ですからスピード等に差はでないはずですので、ユーザーが選ぶポイントは料金面(主にキャンペーン特典)になるでしょう。

仮に、NURO 光 for TEPCOの方が値段が安くなれば、3万円キャッシュバックの方もそれに合わせて価格競争を仕掛けてくる可能性があります。NURO光も販売部門同士で売上を競っているでしょうから。前述したとおり、消費者にとってはいい時代になりそうです。

電力小売り自由化については経産省のサイトがわかりやすいです。
(参照:電力小売全面自由化|資源エネルギー庁

料金体系、キャンペーンに関してはまだ発表されていません。いつからサービスが始まるかも現段階では未発表です。

現在、電力の小売り自由化に向けて東電以外でも、電気×インターネットやその他のサービスを抱き合わせ販売をする流れが広がっています。それらの例を見ると、東京電力とNURO光を契約した消費者に対して、電気代を割り引いたり、NURO 光 for TEPCO独自のキャンペーンを打ってくることが予想されます。

まだ、サービス自体が始まっていないため詳細はわかりませんが、NURO光(インターネット)ユーザーにとっては料金面でメリットが出る事はほぼ間違いないと思います。

NURO光は現段階で、他の光サービスよりスピードが速く、また3万円のキャッシュバック、月額割引などのキャンペーンがあるため他の光サービスと比べると料金的にも大きなメリットがあります。